新しい日本語能力試験 合格への近道(1)

2010年から日本語能力試験が変わります!
新しい日本語能力試験はどのようなものなのでしょうか?
何がどのように変わるのでしょうか?
合格への近道はあるのでしょうか?

http://www.jees.or.jp/jlpt/で「日本語能力試験ガイドブック」や「新しい日本語能力試験問題例集」がダウンロードできるようになっていますが、この中から気になる情報を挙げていきたいと思います。

新しい日本語能力試験、何が変わるの?


★試験方法は?
  基本的には変わりません。今までと同じようにマークシート式のみです。記述問題や会話試験もありません。また、レベル別の試験によって合格・不合格が判定されるという点も変わりません。

★レベルは?
 呼び方が変わります。(1級→N1、2級→N2)。
 また、従来の2級と3級の間に一つレベルが増えます。

★試験科目は?
 現行は・・・
    ・文字・語彙
    ・聴解
    ・読解・文法
   の3科目ですね。
   
 新試験はレベルによって違うようです。
   
   
レベル 試験科目
N1 言語知識(文字・語彙・文法)・読解 聴解
N2 言語知識(文字・語彙・文法)・読解 聴解
N3 言語知識(文字・語彙) 言語知識(文法)・読解 聴解
N4 言語知識(文字・語彙) 言語知識(文法)・読解 聴解
N5 言語知識(文字・語彙) 言語知識(文法)・読解 聴解
★試験内容は?
 問題形式は少し変わります。今までにない出題方法があります。これについては後日詳しく見ていきたいと思います。
 それでも全体的には一見あまり変わらないように見えますが、実は「知識」重視から「運用力」重視へとシフトされているようです。
   
★実施回数は?
 年2回、7月と12月。(これは既に2009年度から変更されています。)

  では、受験者はこの新しい日本語能力試験にどう対応すればいいのでしょうか。次回はその点について考えてみたいと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新しい日本語能力試験 合格への近道(1)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-lab.org/mt/mt-tb.cgi/37

[PR]おすすめの本
■新N1試験に合わせた完全に新しい完全マスターN1文法。日本語能力試験N1に新たに加わった「文章の文法」の対策もOK。

■日本語能力試験N1読解で限られた時間の中で問題を解いていくためには、問題のパターンに慣れ、それに合わせた読み取りのポイントを押さえることが重要。「対比」「言い換え」「比喩」「疑問提示文」など読解問題のパターン別に練習に取り組むことが力がつきます。

■新しい日本語能力試験N1聴解で必要になる「即時応答」「課題理解」「ポイント理解」「概要理解」「統合理解」の練習問題。

Amazon.co.jp アソシエイト