新しい日本語能力試験 合格への近道(2)

2010年から始まる新しい日本語能力試験について、前回の記事ではどう変わるかを見てきました。では、受験者はどう対応すればいいのでしょうか。

「知識」を入れることだけではなく、「使える日本語」の習得を目指そう!

★運用力重視へ
文字・語彙・文法」が全得点に占める割合は従来よりも減っています。
現行(1級):約43%(文字・語彙と文法を合わせて)
 ↓
新試験(N1):33%(文字・語彙・文法)

逆に「聴解」の割合が増えています。
現行(1級):25%
 ↓
新試験(N1):33%

ちなみに「読解」はやや増えています。
現行(1級):32%(2008年度)
 ↓
新試験(N1):33%

現行(2級):31%(2008年度)
 ↓
新試験(N2):33%

新しい日本語能力試験は「得点等化」が行われるため、単純に比較はできませんが、問題数から推測すると「漢字」問題の割合がかなり減るかもしれません。
(現行1級:11%程度→新N1:2%??)
今まで「漢字」問題で得点を稼いできた漢字圏受験者は要注意です。

また、「文法」についても問題数、全体に占める割合、ともに減ることが予想されます。
(現行1級:18%程度→新N1:14%??)

主に1級とN1について比較してきましたが、2級とN2についても傾向は同様です。

このことから文字・語彙・文法の知識ではなく「聴解」「読解」の力が重視されているという特徴が浮かび上がります。


文法問題については単なる知識を問う問題だけではなく、文を作る形式や長い文章の中での文型を問う形式が加わっています。

しかし、「漢字」や「文法」の割合が減っているから漢字や文型をあまり覚えなくてもいいかというと、そういうわけでもありません。

運用のための基礎力として漢字力、語彙力、文法力は従来通り必要です。
それに加えて限られた時間で読み取る能力、説明や会話を聞き取る力が試されるということでしょう。


★作文能力も重視
作文問題は出題されませんが、「文の並び替え」など文を作成する力を試す問題が出題されます。学習者は、良質の例文に多くふれた上で、文を実際に作ってみる練習が今まで以上に重要になると思われます。

★時間配分に注意!
従来は「文字・語彙」で○分、「読解・文法」○分という分け方でした。
新試験は「文字・語彙・文法・読解」すべて合わせて110分です。(1級の場合)

この110分の時間配分を間違えると、今まで以上に大きな影響が出てしまいます。

特に非漢字圏受験者は語彙や漢字の問題に時間を取られすぎてしまうと
読解をやる時間が足りなくなってしまう可能性もあります。


★苦手科目を克服しよう

新しい日本語能力試験では、各科目に「基準点」が設定されます。それより低い場合は合計得点が高くても不合格になります。今までは「聴解」が低くても「文字語彙」「読解文法」で点を取れば合格!ということがあったのですが、これからはある科目があまりにも低い場合は不合格になってしまいます。この「基準点」が何点になるかはまだ発表されていません。


以上のことを考えると、「実際に使える日本語」を習得することが、合格のためにはかなり重要になってくると思われます。

数多くの語彙や文型を短期間に詰め込んでいくよりも

・良い例文に触れる

・良い文章に触れる

・自分で実際に文を書いてみる

という練習をていねいにしていくことが大切です。



合格への近道なんてありません。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新しい日本語能力試験 合格への近道(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-lab.org/mt/mt-tb.cgi/38

コメント(1)

コマル ミール :

こんにちは、
今年の日本語能力試験N2を受験しています。このサイトをたまたまお友達に聞いて全部読んでみました。このサイトは受験者に取ってとっても役に立つサイトだと思います。このようなサイトを作ってくれてありがとうございます。

私の国では年に一度行われていますが、今年の6月にすでに一度行われていますよね?(例は全てそこから纏められた)そのN2の見本を見る事はできますか?もしアップロードされているサイトがあれば教えてください。お返事まっています。コマルより。

[PR]おすすめの本
■新N1試験に合わせた完全に新しい完全マスターN1文法。日本語能力試験N1に新たに加わった「文章の文法」の対策もOK。

■日本語能力試験N1読解で限られた時間の中で問題を解いていくためには、問題のパターンに慣れ、それに合わせた読み取りのポイントを押さえることが重要。「対比」「言い換え」「比喩」「疑問提示文」など読解問題のパターン別に練習に取り組むことが力がつきます。

■新しい日本語能力試験N1聴解で必要になる「即時応答」「課題理解」「ポイント理解」「概要理解」「統合理解」の練習問題。

Amazon.co.jp アソシエイト