日本語の比喩表現

比喩表現。考えてみるといろいろおもしろいですね。
もちろん、その場で思いついたことを言ってもいい、つまり自作もOKなんですが、慣用的によく使われ、日本人なら聞けばすぐ理解できる、というものも多いです。
高い授業料を払う
金をどぶに捨てる
札束でほっぺたを叩く
金に物を言わせる

きのうのことのように→よく覚えている

盆と正月が一緒に来たような~
口で言うほど→簡単ではない
何事もなかったかのような→(冷静な)表情
死ぬかと思うほど→危険だった
必ずと言っていいほど~
足の踏み場もないほど→汚い部屋
口では言い表せないほど
知れば知るほど    
三度の飯より→好き
働き蜂のように/蟻のように→働く

壁にぶつかる    
右に並ぶものがないほど→優秀。すばらしい。すごい。
水を打ったような→静けさ

金太郎飴のように→同じ

他を寄せ付けないほど→強い。美しい。圧倒的な
目を見張るほど    の→進歩
類を見ないほど    

芋を洗うような→混雑(賑わい)

うだるような→暑さ
    
我を忘れるほど→うれしい
いてもたってもいられないほど→うれしい、楽しみ
天にも昇るほど→うれしい
虫ずが走るほど→きらい
きのうまでの~がうそのように→静か
貝のように→口を閉ざす


天地がひっくり返ったような→騒ぎ

時間を忘れるほど→夢中になる

とってつけたような

集中砲火を浴びせる/浴びる

心に穴が空いたよう

(永遠の)眠りにつく

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし


「名言」には比喩をうまく使ったものが多いですね。


蝶のように舞い、蜂のように刺す




だんだん変な方向に来てしまいましたが・・・。

日本語学習者も、このような比喩がうまく使えると、周りの人に「おっ」と思われると思うのですが、意外とこのようなものをまとめた日本語学習用の本ってないですね。
(随時更新)

関連記事

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日本語の比喩表現

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-lab.org/mt/mt-tb.cgi/28

[PR]おすすめの本
■新N1試験に合わせた完全に新しい完全マスターN1文法。日本語能力試験N1に新たに加わった「文章の文法」の対策もOK。

■日本語能力試験N1読解で限られた時間の中で問題を解いていくためには、問題のパターンに慣れ、それに合わせた読み取りのポイントを押さえることが重要。「対比」「言い換え」「比喩」「疑問提示文」など読解問題のパターン別に練習に取り組むことが力がつきます。

■新しい日本語能力試験N1聴解で必要になる「即時応答」「課題理解」「ポイント理解」「概要理解」「統合理解」の練習問題。

Amazon.co.jp アソシエイト