PC活用テクニック

キーボードを使って文章を入力していいるときにわざわざマウスに手を持って行くのはわずらわしいもの。
そんな時に便利なパソコン・ショートカットをご紹介します。

まずは代表的なもの。

Ctrl+C ・・・ "+"は「押しながら」と解釈してください。コントロールキーを押しながらCキー。よく知られている「コピー」

Ctrl+V ・・・ 貼り付け。ペースト

ちなみにキーボードショートカットというものは、よく使われるものはだいたいどのソフトを使っているときでも同じものが使えます。(逆に使用頻度の低いものはソフトによって違うことも多い)
上の2つはたいていどのソフトでも同じ。Macの場合はリンゴ+C,リンゴ+V、が該当する。

Ctrl+W ・・・ ウィンドウを閉じる。たくさん開きすぎたときは、これをどんどん押していって必要なウインドウ以外は閉じていく。

Escキー ・・・ ショートカットというのかな? キャンセルしたり、印刷プレビューを閉じたり。注意や警告のウインドウを閉じたりする

F2キー ・・・ 別記事参照。ファイル名変更。Excelならセル内編集

Ctrl+S ・・・ 保存。セーブ。 がんばって作ったプリントなのに、突然パソコンが止まって今までの苦労が水の泡、、、ということのないように、これをまめに押して保存する習慣をつけましょう。
Tab ・・・ これも意外と使われていない。Excelなら右に移動。入力画面なら次の入力欄へジャンプ。

Backspace ・・・ 前の一字を消す、だけではない。 インターネットをしているときは、「前のページに戻る」 フォルダを操作しているときは「戻る」

Ctrl+1 ・・・ Excelで「セルの書式」

Ctrl+Z ・・・ 作業のやり直し
Ctrl+Y ・・・ 作業の繰り返し

Ctrl+X ・・・ 切り取り。カット。代替どのソフトでも共通。

F5 ・・・ 再読込。リロード。Webサイトを見ているときには連打するとサーバーに負荷をかける。

Ctrl+F ・・・ 検索。これもだいたいどのソフトでも共通。

Ctrl+B ・・・ 太字。ボールド
Ctrl+I ・・・ 斜体。イタリック
Ctrl+U ・・・ 下線。アンダーライン

Shift+スペース ・・・ Excelの場合一行選択
Ctrl+スペース ・・・ Excelの場合一列選択
Ctrl+A ・・・ すべて選択(Select All)

Ctrl+P ・・・ 印刷。プリント

Ctrl+G  ・・・ Excelでは「ジャンプ」。といってもあまり聞かない。個人的にこれをよく使うのは、Excel上の画像やワードアートなどをすべて選択した いとき。Excelで、一見そんなにデータが入っているわけでもないのに異様に重いファイルってありませんか?そんな時には「目に見えない画像」が多数隠 れていないか疑ってみましょう。でも見えないものをどう探すの?そんな時にCtrl+G。その後「セル選択」→「オブジェクト」にすると、ワークシートのす べてのオブジェクト(画像など)を選択することができます。

F1 ・・・ ヘルプ。個人的にはあまり使わない。Excel使っててF2キーを押そうとしてF1を間違って押してしまうと作業中断して重いヘルプが立ち上がる・・・。

Alt+F4 ・・・ アプリケーション終了。

Alt+半角/全角 ・・・ 日本語入力オン←→オフ
(状況によってはAlt押さなくてもOK)

ここからは知っている人が意外と少ない。むしろ間違えて押してしまって操作ミスを引き起こす原因になってる気がしないでもないショートカットです。

Shift+Ctrl ・・・ 入力ソフトを変更(ATOK←→MS IME)など。
Alt+カタカナ・ひらがな ・・・ ローマ字入力←→カナ入力
 あれ?さっきまでローマ字入力だったのにいつのまにかカナ入力になってる!という時はこれを押してしまった可能性が高い。

Ctrl+Alt+Del ・・・ 昔(Win95の頃)は「強制終了」。今はタスクマネージャ(ここから再起動や強制終了も可能)。Windowsの動作が不安定な頃はよくお世話になっていた。最近ではあまり使わない。
いろいろなエピソードもあって、Wikipediaの一項目にもなっている。

Ctrl+クリック ・・・ 2つ以上のものを同時選択。(このファイルとこのファイルとこのファイルはゴミ箱に入れよう、と思ったときなどに使用すると便利。)
Shift+クリック ・・・ 連続するデータやファイルを同時選択(上から3番目から25番目まで選択する、といったときに便利

PgUp、PgDn、Home、End ・・・ あると便利なのにノートパソコンにはほとんどついていない。(正確に言うと独立キーとしてついていない。Fn(ファンクション)キーと組み合わせることで一応同じことはできる。)。

Ctrl+Home ・・・ 一番先頭へ
Home ・・・ 行頭へ
End ・・・ いちばん下に移動。テキスト入力中は行末に移動。ExcelではEnd押した後で↑や↓を押すと・・・?
 データが大量に入っているExcelシートで、いちばん右のセルまで行きたいときにEndを押した後で→キーを押す。

Ctrl+PgUp ・・・ Excelでは「次のシートを見る」
Ctrl+PgDn ・・・  〃    「前のシートを見る」

ほとんど同じでどこが違うかわからないような2つのシートがあるとき、これを交互におすと違いが発見できるかも。

Shift+Ctrl+PgUp ・・・ Excelでは「このシートと次のシートを選択」
Shift+Ctrl+PgDn

調べてみると他にもいろいろあります。
自分がよく使いそうなものから覚えてみては?
パソコン操作をする際、マウスを使用します。確かに直感的で、わかりやすいですね。
ただ、素早い操作をしたいときにはまどろっこしいと感じるときもあります。
また、若いときはマウス操作一発でねらったボタンやリンクにポインタを持って行けたのに、年を取ってくるとだんだんそれができなくなるような気がします。マウスがうまく動かせなくてなかなかねらったところに行かないこともしばしば。

ところが、キーボードショートカットというものを覚えると、いろいろな作業が見違えるほどスムーズになります。今までマウスでしていた操作をキーボードで行うわけです。

まずはショートカットの前に、意外と使われていない「キー」の使い方をご紹介します。

Tabキー ・・・ Webサイトで入力しているときに「次の入力欄」に行きたい場合、わざわざマウスで入力欄をクリックするのは面倒。Tabキーを押すことによってたいていは次の入力欄にカーソルが移動します。

例えば次のようなページで有効です。
http://www.n-lab.org/library/mondai/detail.html

ちなみにExcelでは、一つ右のセルに移動します。
「→キー(右方向キー)」でも同じでは?と思うかもしれませんが違う点もあります。(後述します。)

Enterキー ・・・ 日本語変換や改行に使うEnterキーですが、Webサイトでの入力が一通り終わったときに「送信」「決定」などのボタンを押すかわりにこのEnterキーで送信できる場合があります。Tabキーと組み合わせればほとんどマウスにさわらず入力ができます。

EnterキーはExcelでは、次の行に行くときに使います。
ある表の入力作業をするときには、「→キー」ではなく「Tabキー」で右に進めていちばん右まで来たときに「Enter」を押せば、次の行の一番左に戻ります。
Tab→Tab→Tab→Tab→Enter、、、次の行でもTab→Tab→Tab→Tab→Enter、、とやればキーボード中心で入力作業が進められます。

次回はキーボードショートカットの代表的な物をご紹介します。


前回はGoogleで例文を探すときの3つのポイントについてご紹介しました。

ポイント-1-
 ""(ダブルクオーテーション)をつける

ポイント-2-
 OR を駆使する

ポイント-3-
 -(マイナス記号)を駆使する


では、実際にはどのような活用方法があるのでしょうか。


・この言い方とこの言い方、どっちが一般的?


例えば形容詞「つまらない」に様態「そう」がついた形は
「つまらなそう」
「つまらなさそう」
どちらがよく使われるでしょうか。
"つまらなそう" の件数と "つまらなさそう" の件数を比較します。
ダブルクオーテーションを忘れずに。

・一緒に使うことが多いことばは?


「~を紛らす」ということば。~の部分にはどんなことばを使うことが多いでしょうか。
まずは "を紛らす" で検索。
「気を紛らす」という使い方が多いことに気がつきます。
次に「"を紛らす" -"気を紛らす"」 で検索。
マイナス記号がポイント。
「気を紛らす」以外の「紛らす」を調べているというわけです。
「寂しさを紛らす」ということばが多いようです。
だったら今度は
"を紛らす" -"気を紛らす" -"寂しさを紛らす"
とします。
そのようにして多く出るキーワードを取り除いていくと、それ以外の使い方が抽出されます。
いわゆるコロケーションが判明していきます。

日本語表現活用辞典があれば簡単にコロケーションを調べることができます。


・ネットとは言ってもある程度きちんとした文章の中から検索したいのだが・・・。


例えば朝日新聞のサイトなら(一般的なブログなどと比べれば)きちんとした文が載っていると思われます。
キーワードの後ろに
site:www.asahi.co.jp
とつけると該当するサイト内の文だけが検索できます。
朝日でもいいのですが、読売やNHKは検索結果が多く出る傾向にあります。
読売→site:www.yomiuri.co.jp
NHK→site:www.nhk.or.jp

青空文庫も有名です。
site:www.aozora.gr.jp
ただ、出典の古さはしかたがありません。


・簡単なことばほど例文を探すのは難しい・・・。

例えば「つて」ということばの例文を探したいとき 「つて」と入れて検索してみます →  たちつてと?? 記憶を辿つて?? どはつてん?? 酒に酔つて??
では、「つてを」で検索してみると・・・? → 「つてを頼って」などがでてくきます。 それでも、あいかわらず「酒に酔つて」が出ます。 「つて」と「を」が離れているものも検索されてしまうようです。

それでは
「"つてを"」のように"(ダブルクオーテーション)でくくってみます。
やっといくつか目的のものがでてくるようになりました。

・1文の中にキーワードが2つある文型はどうやって検索する?

「せっかく~のに」

「~からといって~とは限らない」

「~にしろ~にしろ」

など2つのキーワードで間に何か言葉を挟むことによって文が成立するような表現の場合、単純に

「せっかく のに」

で検索してもうまくいかないかもしれません。「せっかく」と「のに」が大きく離れて別々の文にある場合も検索されてしまうためです。

それでも「せっかく~のに」ならいくつかそれらしい例文は見つかります。

しかし、

「~にしろ~にしろ」

のような文型だと

「にしろ にしろ」と検索しても「いい加減にしろ」等ばかりで目的の文はなかなか見つかりません。

そんな時は *(ワイルドカード) を使います。

ワイルドカードは「任意の文字列」を表します。

「にしろ*にしろ"」

と間にワイルドカードを挟んで検索することによって

「敵にしろ味方にしろ~」などの例文が見つかりやすくなります。

"せっかく*のに"

"からといって*とは限らない"



関連リンク(外部)

Googleでよく私が使う検索テクニックまとめ


http://forty-n-five.boy.jp/blog/2008/07/google_1.php

あなたが知らない(かもしれない)Googleコマンドまとめ
http://www.popxpop.com/archives/2006/12/google_3.html



例文探しにGoogleを使うことがあります。
今ではすっかり一般的になっています。
しかし、ネット上の文章は玉石混淆。
授業で使える例文を探すのにはこつが必要です。

ポイント-1-
 ""(ダブルクオーテーション)をつける
 ~キーワード完全一致~


これには、「完全一致」の意味があります。
例えば複合動詞「寄せつける」の例文を探すとします。
単純に「寄せつける」と入れただけでは、「寄せ」と「つける」が離れているものもヒットしてしまいます。
これでは困ります。
そこでダブルクオーテーションを入れて "寄せつける" とします。
すると、「寄せつける」に完全に一致したページだけがヒットします。

よく、検索結果の件数を見て
「1万件か。けっこう使われているな。」と
一般的な言い方かどうかをチェックしたりしますが、
このときは必ず""(ダブルクオーテーション)をつけて調べます。

ポイント-2-
 OR を駆使する
 ~複数のキーワードのうち、どれかを含むページを検索~


複数のキーワードを入れると、通常は「AND検索」となります。
つまり、キーワードが全部含まれているページが検索されます。
複数キーワードのうち、どれか一つ(以上)含まれているものを検索するには、キーワードの間に OR を入れます。

先ほどの例で言うと、"寄せつける" OR "寄せつけて" OR "寄せつけない"と
ORを入れると、より多くの例文が検索できることになります。
ORは大文字であることに注意。
「寄せつけない」のように実際には「ない形」で使用することが多い語彙は特にこの方法が有効です。

ポイント-3-
 -(マイナス記号)を駆使する
 ~あるキーワードを含まないページを検索~


○○と△△がよく一緒に使われることはわかる。じゃ、それ以外にどんなことばと一緒に使う?
という時に使えます。
例えば、「うずめる」の例文を探してみます。
すると、「骨をうずめる」という言い方が非常に多いことがわかります。では、それ以外にはどんな用法があるのでしょうか。
そんな時は、 -(マイナス) 検索を使用します。
「うずめる -骨」
または「うずめる -"骨をうずめる"」
で調べてみると「顔をうずめる」など、「骨」以外の例文が見つけやすくなります。

その他に、一つの語彙にいくつかの意味・用法があって
検索結果がことごとく調べたい用法とは違う用法の例文ばかり、というときや
ある分野のページばかりが出てきてしまう、というときにも-(マイナス)は使えます。

以上3つのテクニックを使うだけでもかなり検索精度は上がります。

実際の活用法を次回ご紹介します。

日本語を扱う仕事をしているなら、自分の作る日本語の文章に誤りができるだけないようにしたいものです。

Windows標準のIMEだと変換がなかなか正確に行われなかったりして使い勝手が今ひとつなので、ATOKを使っています。
ATOK2006というバージョンです。

今までとは比べものにならないぐらい便利です。
例えば・・・
敬語の使い方の間違いを指摘してくれたりします。

「ご確認していただけますでしょうか。」

と打とうとすると「尊敬語と謙譲語の混同」とメッセージが出ます。確かに「ご確認する」は謙譲語、自分のことだから「いただけますでしょうか」と依頼文で使うのは間違いだ、と後にになって気づいたりもします。同時に、日本語の仕事をしていてこんな間違いをしてしまうとは・・・、と自己反省を促すという思わぬ効果もあります。

間違って覚えている言葉遣いを指摘してくれることもあります。

「的を得る」

と打つと<「的を射る/当を得る」の誤用>と出ます。
・・・。知らなかった・・・。
自分自身結構頻繁に使っているような気がします。自分以外にも間違っている人は少なくないのではないでしょうか。

【追記】と思っていたら実は『「的を得る」が正しい』という記事を目にしました。

...射撃の場面を想像して「的を得る」はずがない、「的を射る」ものだ、という誤解です。これは漢語に由来する表現であることを知らず、日本語として「的を得る」はずがない、と思ってしまうのです。語源の『大学』・『中庸』にあるように、「正鵠(せいこく)を失う」という表現からきています。この場合の正鵠は「正も鵠も、弓の的のまん中の黒星(『角川漢和中辞典』)」のことで、射てど真ん中の黒星に当てることができたかどうか、当たったら「得た」といい、はずれたら「失う」と表現していたのです。矢で的を射るのは当り前としても、必ずしも的に、まして正鵠に当たるかどうかは示していない表現が「的を射る」です。たとえば、"[中庸、十四]子曰く、射は君子に似たる有り。諸(こ)れ正鵠を失するときは、反って諸れを其の身に求む。(平凡社『字通』白川静著)"と「失する」という表現をしています。「失」の反対は「得」であり、「射」ではないのです。そうでなくても、もともと「得」という字には「あたる」という意味があります(白川静の前掲書)。いつのまにか「正鵠」という分かりにくいことばを使わず「的」に省略し、「的を射る」という悪貨が「的を得る」という良貨を駆逐していて、日本の国語辞典にも浸透しています。 (練習帳

信用しすぎるのもよくないということでしょうか・・・。

また、よく使うことばは一部を入力しただけで候補を表示してくれます。最近は携帯にもよくついている機能です。

「よろしく」でTabキーを押します。すると

「よろしくお願いします。」
「よろしくお願いいたします。」
「よろしくお願い申し上げます。」
「よろしくご検討のほどお願いします。」

などの候補が出てきます。
仕事のレポートにしても論文にしても、キーになることばは文章中頻繁に使うことになります。
「来年度コース設定案」ということばを打ったとします。
その後にもまた、「来年度コース設定案」ということばを使います。
すると、3回目あたりからは

らいねん

あたりまで打ったところで「来年度コース設定案」が候補に出てきます。
Tabキーを押せばそれが選択できます。

辞書登録などをしなくても、少ない入力でどんどん書けてしまいます。
頭が調子よく回転していてどんどん書こうとすることが頭の中に出てくるときなどには、思考がストップされることなく文章入力がはかどります。

今使っているバージョンには「明鏡」国語辞典がついていたので、それで意味を表示することもできます。
例えば「望ましい」の意味を調べたいときには「のぞましい」と打ってEndキーを押す。そうすると横に意味が表示されます。
パソコンに入力中なら電子辞書よりも便利です。

それほど便利で賢いATOKを使っていても不自然な日本語や変換ミスがなくならないのは、、、結局は自分自身の問題ですね。

ATOK最新版
Windowsでファイル名やフォルダ名を変えたいとき、どうしますか?

方法1: 右クリック→名前の変更。
・・・やや面倒。

方法2: ファイルやフォルダを選択しておいて、「名前」をクリックする。
・・・タイミングが早すぎると「ダブルクリック」と認識してしまってファイル・フォルダが開いてしまう。

そこで次のような方法があります。
方法3: ファイルやフォルダを選択しておいてF2キーを押す。
・・・特にマウスではなくキーボード中心で操作しているときには便利です。

このF2キー、他にも意外な便利さがあります。
Excelでセルの中身を編集するときにも使えるのです。

例えばあるセルに「JUGM」とデータが入力されています。が、ホントはJUGEMと入れるべき所です。
マウス中心で操作しているときにはそのセルをダブルクリックして"E"を追加すればいいです。
キーボード中心で操作しているときは?
例えばキーボードの↑キーや→キーなどでそのセルを選択した場合は?

そのときにF2キーを押すとそのセルは「編集」状態になって、Iポインタがセルの中に現れます。

つまり、マウス中心で操作しているときとキーボード中心で操作しているときで使い分けると効率的です。WindowsやExcelにはこのようにキーボードでできる操作が数多く用意されていてうまく使うといちいちマウスに手をやらなくてもかなりの作業ができるようになっています。

それらはまた機会があればご紹介したいと思います。

【まとめ】
Windowsでファイル名変えたいとき → F2キー
Excelでセル内編集 → F2キー 
[PR]おすすめの本
■新N1試験に合わせた完全に新しい完全マスターN1文法。日本語能力試験N1に新たに加わった「文章の文法」の対策もOK。

■日本語能力試験N1読解で限られた時間の中で問題を解いていくためには、問題のパターンに慣れ、それに合わせた読み取りのポイントを押さえることが重要。「対比」「言い換え」「比喩」「疑問提示文」など読解問題のパターン別に練習に取り組むことが力がつきます。

■新しい日本語能力試験N1聴解で必要になる「即時応答」「課題理解」「ポイント理解」「概要理解」「統合理解」の練習問題。

Amazon.co.jp アソシエイト