F2キーのすすめ

Windowsでファイル名やフォルダ名を変えたいとき、どうしますか?

方法1: 右クリック→名前の変更。
・・・やや面倒。

方法2: ファイルやフォルダを選択しておいて、「名前」をクリックする。
・・・タイミングが早すぎると「ダブルクリック」と認識してしまってファイル・フォルダが開いてしまう。

そこで次のような方法があります。
方法3: ファイルやフォルダを選択しておいてF2キーを押す。
・・・特にマウスではなくキーボード中心で操作しているときには便利です。

このF2キー、他にも意外な便利さがあります。
Excelでセルの中身を編集するときにも使えるのです。

例えばあるセルに「JUGM」とデータが入力されています。が、ホントはJUGEMと入れるべき所です。
マウス中心で操作しているときにはそのセルをダブルクリックして"E"を追加すればいいです。
キーボード中心で操作しているときは?
例えばキーボードの↑キーや→キーなどでそのセルを選択した場合は?

そのときにF2キーを押すとそのセルは「編集」状態になって、Iポインタがセルの中に現れます。

つまり、マウス中心で操作しているときとキーボード中心で操作しているときで使い分けると効率的です。WindowsやExcelにはこのようにキーボードでできる操作が数多く用意されていてうまく使うといちいちマウスに手をやらなくてもかなりの作業ができるようになっています。

それらはまた機会があればご紹介したいと思います。

【まとめ】
Windowsでファイル名変えたいとき → F2キー
Excelでセル内編集 → F2キー 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: F2キーのすすめ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-lab.org/mt/mt-tb.cgi/29

[PR]おすすめの本
■新N1試験に合わせた完全に新しい完全マスターN1文法。日本語能力試験N1に新たに加わった「文章の文法」の対策もOK。

■日本語能力試験N1読解で限られた時間の中で問題を解いていくためには、問題のパターンに慣れ、それに合わせた読み取りのポイントを押さえることが重要。「対比」「言い換え」「比喩」「疑問提示文」など読解問題のパターン別に練習に取り組むことが力がつきます。

■新しい日本語能力試験N1聴解で必要になる「即時応答」「課題理解」「ポイント理解」「概要理解」「統合理解」の練習問題。

Amazon.co.jp アソシエイト