Googleで例文を探す方法(2)

前回はGoogleで例文を探すときの3つのポイントについてご紹介しました。

ポイント-1-
 ""(ダブルクオーテーション)をつける

ポイント-2-
 OR を駆使する

ポイント-3-
 -(マイナス記号)を駆使する


では、実際にはどのような活用方法があるのでしょうか。


・この言い方とこの言い方、どっちが一般的?


例えば形容詞「つまらない」に様態「そう」がついた形は
「つまらなそう」
「つまらなさそう」
どちらがよく使われるでしょうか。
"つまらなそう" の件数と "つまらなさそう" の件数を比較します。
ダブルクオーテーションを忘れずに。

・一緒に使うことが多いことばは?


「~を紛らす」ということば。~の部分にはどんなことばを使うことが多いでしょうか。
まずは "を紛らす" で検索。
「気を紛らす」という使い方が多いことに気がつきます。
次に「"を紛らす" -"気を紛らす"」 で検索。
マイナス記号がポイント。
「気を紛らす」以外の「紛らす」を調べているというわけです。
「寂しさを紛らす」ということばが多いようです。
だったら今度は
"を紛らす" -"気を紛らす" -"寂しさを紛らす"
とします。
そのようにして多く出るキーワードを取り除いていくと、それ以外の使い方が抽出されます。
いわゆるコロケーションが判明していきます。

日本語表現活用辞典があれば簡単にコロケーションを調べることができます。


・ネットとは言ってもある程度きちんとした文章の中から検索したいのだが・・・。


例えば朝日新聞のサイトなら(一般的なブログなどと比べれば)きちんとした文が載っていると思われます。
キーワードの後ろに
site:www.asahi.co.jp
とつけると該当するサイト内の文だけが検索できます。
朝日でもいいのですが、読売やNHKは検索結果が多く出る傾向にあります。
読売→site:www.yomiuri.co.jp
NHK→site:www.nhk.or.jp

青空文庫も有名です。
site:www.aozora.gr.jp
ただ、出典の古さはしかたがありません。


・簡単なことばほど例文を探すのは難しい・・・。

例えば「つて」ということばの例文を探したいとき 「つて」と入れて検索してみます →  たちつてと?? 記憶を辿つて?? どはつてん?? 酒に酔つて??
では、「つてを」で検索してみると・・・? → 「つてを頼って」などがでてくきます。 それでも、あいかわらず「酒に酔つて」が出ます。 「つて」と「を」が離れているものも検索されてしまうようです。

それでは
「"つてを"」のように"(ダブルクオーテーション)でくくってみます。
やっといくつか目的のものがでてくるようになりました。

・1文の中にキーワードが2つある文型はどうやって検索する?

「せっかく~のに」

「~からといって~とは限らない」

「~にしろ~にしろ」

など2つのキーワードで間に何か言葉を挟むことによって文が成立するような表現の場合、単純に

「せっかく のに」

で検索してもうまくいかないかもしれません。「せっかく」と「のに」が大きく離れて別々の文にある場合も検索されてしまうためです。

それでも「せっかく~のに」ならいくつかそれらしい例文は見つかります。

しかし、

「~にしろ~にしろ」

のような文型だと

「にしろ にしろ」と検索しても「いい加減にしろ」等ばかりで目的の文はなかなか見つかりません。

そんな時は *(ワイルドカード) を使います。

ワイルドカードは「任意の文字列」を表します。

「にしろ*にしろ"」

と間にワイルドカードを挟んで検索することによって

「敵にしろ味方にしろ~」などの例文が見つかりやすくなります。

"せっかく*のに"

"からといって*とは限らない"



関連リンク(外部)

Googleでよく私が使う検索テクニックまとめ


http://forty-n-five.boy.jp/blog/2008/07/google_1.php

あなたが知らない(かもしれない)Googleコマンドまとめ
http://www.popxpop.com/archives/2006/12/google_3.html



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Googleで例文を探す方法(2)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.n-lab.org/mt/mt-tb.cgi/35

[PR]おすすめの本
■新N1試験に合わせた完全に新しい完全マスターN1文法。日本語能力試験N1に新たに加わった「文章の文法」の対策もOK。

■日本語能力試験N1読解で限られた時間の中で問題を解いていくためには、問題のパターンに慣れ、それに合わせた読み取りのポイントを押さえることが重要。「対比」「言い換え」「比喩」「疑問提示文」など読解問題のパターン別に練習に取り組むことが力がつきます。

■新しい日本語能力試験N1聴解で必要になる「即時応答」「課題理解」「ポイント理解」「概要理解」「統合理解」の練習問題。

Amazon.co.jp アソシエイト